いつからか、身体の真中にある軸が僅かにずれ始める。それは人の中に起こる。ずれは身体の末端まで届き様々な不穏をもたらす。僅かだった軸のずれは不穏の蔓延とともに大きくなり、正常な位置がどこなのかすら曖昧になってしまう。

やがて過剰な心配, 恐怖心, 懐疑心に苛まれ、自身を守る為に自閉へと至る。

修正を計るには軸を初期化しニュートラルになる必要があり、その方法は個々によって違う。

私は、潜在的な価値観により選別し蓄積されたイメージを愚直にラインへ落とし込む。