oil painting 油彩

原像がある。

像が目の裏側に焼きついて、脳に運ばれる。

蓄積された情報に像が溶け込み、ひずみ、焦点の合わない目の前に俄かに出現しては消え、その度に目の裏に焼きつく。

幾度も反芻された像のストック。取り出す際もプロセスを通る毎に形は変化する。腕の筋肉を通り、筆を通り、インクの粒子の中に泳ぎ出て紙の表面に固着し、鑑賞者にとっての原像となる。
手を離れた像は彼らの中でどう変化して行くのだろう。

wood cut print 水性木版