イメージが余白の上にふっと現れては瞬く間に消える。次々と現れるイメージが記憶から消えてしまう前に、慌てて鉛筆で書きなぐる。幼い頃から、気づけば身の回りの紙は絵で埋め尽くされていた。